March 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

道中 暑かったけど清々しい気分になっていただきました!

土曜日コースに通っていただいている方よりご紹介があり

初めて来ていただき 小袱紗コースを受講(藤と宝づくし文様) 

そして頑張っていただきました!

 

この体験前には 友禅染のはじまり 工程説明 工房見学がある

楽しい会話もしながら進行するので 余慶にこの挿し友禅体験が

新鮮でルンルン気分で味わえる。

 

水曜日コースの方々と作品

女性お二人は初めての方々で基礎コース

男性はもう数年水曜日コースに通っていただいている

ベテラン!いずれの作品も完成している。

水曜日コースの方々の作品

染め帯と 小物を制作(どちらも別のお方)

こうして熱心に着色図案までつくられた(男性のお方)

奥様の染め帯をご主人が制作されたのである

何と美しい!

 

どちらも下絵が完成した頃の写真。

(現在は完成している!)

来週水曜日!水曜日コース修了式

1枚目の写真は染め帯を挿し友禅(風景文様)されているところ

かなり緻密な着色図案まで制作されイメージを膨らませながらの作業である

(図案は緻密だが作業は大胆と真逆の両方の部分を持ち合わせないと完成

 に至らないのである)

 

もう1枚の写真は別のお方で 訪問着!刷毛で暈しに挑戦されている。

(どちらも現在 完成している)

 

土曜日コース修了式の 午前中は 刺繍の工程

土曜日コース水曜日コース合同基礎コースのお方のみ刺繍の工程

すごく多方面からのお話に皆さん感動!刺繍はどうしていつ頃

日本の歴史に顔を出したか? 刺繍の種類と やり方の違い

関東関西の違い 糸に寄りをかけるとは いろんな切り口を

さりげなくお話していただき 納得!

新しい挿し友禅体験 数寄屋袋コース が出来ました

四君子花の丸文様  梅 菊 蘭 竹を四君子といい 高潔な

ことが君子の意味だそうです。花の丸文様は能装束 小袖等に

使われる文様の一つで 可愛らしさと気品が備わったデザイン

となっております。

新しい挿し友禅体験 数寄屋袋コースが出来ました

 

波に千鳥の文様 このデザインは縁起の良いもので 千をとる

(千鳥!?)たくさんのお客様とご縁をいただくとか 沢山の

お友達とご縁ができますようにという前向きな気持ちを表して

おります。   可愛い千鳥の暈し 力強く優しい波 挿し友禅

をする 楽しみが伝わってくるようです。

 

新しい挿し友禅体験 数寄屋袋コースが 出来ました! 3種類6色!

  

これは正倉院文様を参考に考案されたデザインで 皆さん好きな

色を多めに自由につかわれ 自分らしさを表現されています。

洋装でも和装でも合わせたり そしてご旅行の際は

バックインバックとしてお使い頂いております。

裏の方にも文様があり雰囲気の異なった配色にされるのも一つ

楽しみが増えるのではないでしょうか。

(表裏は同じ地色です。光線の具合で地色が違って写りました

 申し訳ない)

 

 

 

数年前の基礎コース図案

誰が見ても上手だと思いませんか?

こんなレベルのお方は 稀 ですが 手描友禅染教室ですのでこの後

下絵 糊置 糊伏 染め 挿し友禅 印金 と工程を進行していく

ので このままのレベルが保たれたまま!というワケにはいきません。

でもスタート 出足がいいと気分は乗ってきますよね。

 

茶室!

先月末 御所 九条家の茶室見学に行かせてもらった。

長年 池の向こうにあった建物の中に行きたいと思っておりました。

念願かない はいってみると すばらしい!

なんて気持ちのいい空間 こんなところでじっくり時間を過ごせたら

そんな思いにならせていただきました。

<<back|<123456>|next>>
pagetop