November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ちょっと 涼しそうな

暑い中 涼しそうな(冷たい)ものを見るだけで

体温は下がるという実験は正解だそうです。

だから少しでもということで。

明日から水曜日コース 5週連続 糊置の工程!

ゴムの調整をさせてもらっているところです。

どうかこの工程でも大きな失敗が起こりません

よう きれいなラインを引かれますよう そんな

思いを込めて用意を。

 

土曜日コース基礎コース 下絵の工程

初めてのお方は 大抵 下絵がにじんで

しまったりするのだが なかなか上手いのである

そしてドキドキワクワク緊張したり も なく

ひたすらマイペース! たいしたものだ!

第三土曜日の土曜日コース 初まりました!

基礎コースの方3名をお迎えし図案そして下絵と進行して

いきます。馴れない筆で下絵を描かれると思いきや何のこと

ないすらすらと上手く まるで写経をするかのように試験布に

描かれました。

 

水曜日コース 下絵の工程

本日水曜日コース下絵の工程は多分1名になる

予定。こんな状況は今までで初めてです。

みなさん段取りよく早く下絵を終えられた

わけです こんなことがあるのですね

こちらのお方は正倉院文様に挑戦されています

細かい文様で緻密で繊細な文様なので 覚悟!

を決めて取組まれています。こんな思い切り

も ものづくり には必要ということを教えて

いただきました。

 

刺繍が入っているバッグ

前回の水曜日コースで制作された訪問着と

お揃いの文様 マーガレットのバッグ

白の花びらに白の糸で刺繍 まさに立体に

見える! 本日雨音のする 雨降りの天候

だが気持ちが 一気に晴れ晴れとする作品に

なった。

土曜日コース基礎コース 挿し友禅の工程

ご自分で染められた作品 見本を見ながら

次の作品を考えたり 暈しに挑戦されたり

それぞれです。スケジュール通り今回一つの

作品をクリアされました。みなさん すごい!

です。(なかなか時間通り進まないのが 

ものづくり それをクリアされることが)

水曜日コース 下絵の工程

お二人は特に仲良し ご自分の訪問着を制作

松ぼっくりと松葉 そしてまっすぐに上へ

のびていく草花 着用されお二人が並ばれた

光景が今から想像できる。 きっと

あんた よう にあうやんか いやア 

あんたの方が いけてるわ! なんて会話が

聞こえてきそう。

友禅染教室の写真!?

工房見学の方も友禅染教室を受講の方も書き込んでいただけるように

なった紙媒体のアナログなな ブログ!?

よく宿泊施設に泊まられた方が残すノートをイメージしても

らえれば どんなものかわかっていただけると思います。

最近では あのノートのようなもの見せてもらえますか?と

工房見学の方から声をかけてもらえるようになり 冊数も増えて

きました。

土曜日コース 修了式

この分野の作品は初めてかも すばらしい世界

だと思います。 そしてもう何年も前の基礎

コースのデザイン洋花花瓶を自由な発想で

挑戦されたことにも意味があると思います。

パイオニア的な心持ちが アーテイスト!?

 

<<back|<123456>|next>>
pagetop