December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

桜のつぼみ

P1020575京都市内の北部にある深泥池にまで脚を伸ばして散策」に出かけました。
さすがに桜の蕾は硬く、本格的な春の訪れはまだ先のようです。町の中心部では
比較的多い観光客も、この寒さでは出足がにぶいのか人の姿もちらほらってところです。

風かおる

_014京都では節分の頃が過ぎてからと言うもの、比較的暖かく穏やかなひが続いていました。ふと思い立ち、御所の方に足を伸ばしてみると。
梅の花がお天道様の日差しをいっぱいに浴びて咲いているではないですか!ちょうど七分咲きの見ごろで、あたりいちめんに梅の香り
が漂っていました。暖冬のわりには開花の遅れていた花たちも着実に春の訪れを告げてくれている。ふとそんなことを感じた日曜日でした。

<<back|<293294295296297298
pagetop